実演販売の株式会社Pacio

Blog公式ブログ

2023.04.20
実演販売士のご依頼は株式会社Pacioへ

こんにちは!

感染症拡大も収まってきており、各企業さまより実演販売のご依頼が増えています。
今回は聞いたことはあるが詳しく知らない実演販売士について記事を書いていきます。

 

実演販売事業

実演販売とは

 

実演販売(じつえんはんばい)は、街頭や店頭など往来の前で実際に商品を扱い、販売する形態のことを指す。各メーカーから派遣された社員が行うケースと、この販売を専門としている者(実演販売人または実演販売士ともいう)が行うものある。

販売人は巧みな口上で商品の性能を説明する場合が多い。単に試食品を提供したり、普通な口調で商品のデモンストレーションを行う方法などが有る。

見込み客を訪問し、商品を実演することや見本市などでの実演は通常は実演販売と言わない。自動車の試乗や楽器の試奏など、お客さん自身の関与が大きいものも実演販売とは呼ばない。 (Wikipediaより引用)

 

のことを言います。

 

端的に言うと
①メーカーから業務委託という形で依頼を受け、すでに流通網のある企業の販売促進を担当するパターン
②自社で商品開発や仕入れを行い店舗で直接販売するパターン
の2パターンがあります。

 

弊社では企業さまから業務委託にて商品を販売する形がほとんどであり、販売の代行がメインとなります。(販売力の提供)

 

企業群も様々で、家電・日用品・化粧品・食品・調理器具など様々な商品を扱っています。
メーカーさまから直接ご依頼をいただく場合が多いですが、代理店さまから「プロモーションの一環で実演販売士をお願いしたい」とご依頼をいただく場合もあります。

 

店舗に入店し、フリーのお客様に向けて集客を行い、商品紹介をし、当日ご購入いただけるようクロージングを行います。


(実際の実演販売の様子)

実演販売士の強み

 

実演販売士の強みとしては…
①販売力が高く当日の売上を最大化
②集客力が高く商品認知度のアップ
③エンタメ感のあるトーク・販売手法で楽しんでお買い物いただける
という点が挙げられます。

 

よくスーパーなどで見かける試食や試飲のスタッフさまは「推奨販売員」「マネキン」と呼ばれますが、推販は1対1の対面販売がメインなのに対し、実演販売は1対多数がメインとなるため、売上が上がりやすく、商品認知度も上がります

 

集客は店舗にもよりますが、1回集客を始めると50人ほどお客様にお集まりいただくことができ、効果的に商品を販売できます。(1日を通して300人ほどにリーチする計算になります。)

 

また売上で見た場合も弊社推販スタッフで1日2万円〜6万円の商品を実演販売士が担当すると1日30万円〜50万円という実績が上がります。

 

お客様がお集まりいただけることから店舗さまにも活気が出るため、小売店さまからも好評で、リピートでのご依頼が多いです。

 

株式会社Pacioの実演販売士

 

 

株式会社Pacioでは本格実演販売士専門会社として10年以上会社を経営しており、スキルが高く、おすすめできる実演販売士が多数在籍しております。

Pacio 実演販売士一覧

 

中には販売・トークに関する書籍を発売している実演販売士も在籍しており、実績や企業の思いに向き合う正統派実演販売士が多いです。

 


SNS時代を勝ち抜く!45秒でファンにさせる話し方

 

この一覧に載っているのは所属スタッフの中でも一握りですが、男女ともに多数在籍しており、案件に合わせたスタッフをご提案しております。

 

企業さまの望む売上やプロモーションの方法、希望ご予算に合わせて最適な実演販売士をアサインいたします。

お問い合わせ

 

今回は実演販売士について記事にまとめました。
「実演販売の依頼を検討したい!」という企業さまはホームページよりお問い合わせください。

 

https://www.to-pacio.co.jp/
お問い合わせ・お見積もりは無料です。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。